So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

メンバープロフィール [メンバープロフィール]

80'年代、「ソウルトレイン バンド」でライブを重ねていたタイロン橋本とロミー木ノ下が2006年4月、レイクサイド・ストラッテイン・バンド(Lakeside Struttin' Band)を結成。R&B、Funk、JAZZの要素を取り入れながら自由に変化していくグルーヴ感は必聴!
2013年ロミー木ノ下の東京移住を機に、新たにレイクサイド・ストラッティン・バンドを再結成。
さらに進化した、大胆さと繊細さを併せ持つ、このバンドのグルーヴとサウンドをぜひ楽しんでほしい。

●タイロン 橋本(Vocal・Guitar)
ティン・パン・アレイ、Y.M.O. 、日本初のサルサバンド「オルケスタ・デル・ソル」ほか数多くのアルバムに参加。自己のアルバムではJoe Sample、David T. Walker等と共演。2001年ワシントン・キングキャットシアターで開催されたゴスペルコンサート、2011年冬アメリカ・シアトル市で行われた「Black Nativity 14th season」に一ヶ月間出演し、万雷の拍手と熱狂に包まれるなど、R&B、ソウルを始めとしたブラックミュージック・シーンでワールドワイドに活動している。日米での音楽活動、CM音楽の作編曲、プロデュース、ヤヒロトモヒロとのデュオ「Unforsaken Uncles」と多彩に活躍中。

●ロミー 木ノ下(Bass)
14歳でドラムを習い始め、その後米軍キャンプで演奏を始める。独学でベースをマスターし、ベーシストに転向。'64年よりプロとして活動を開始。ペドロ&カプリシャス他、数多くのバンドで活躍。'73年より3年間渡米。帰国後は数々のスタジオワークをこなし、'80年ネイティブ・サンに参加。その後'85年に竜童組に参加。その他参加したセッション、バンドは数知れない。

●包国 充 (Sax・Flute) 
小学生の時ビートルズで音楽に目覚める。高校生までギターでバンド活動、大学生時代にサックスを始め70年後半からライブハウスで活動を始める。多くのセッション重ね伝説のロックバンド「クリエーション」に加入する。宇崎竜童の竜童組在籍の後、自己のグループ「ユーフォリア」を結成しメルダックより3枚のアルバムを発表。サザンオールスターズのサポートを20数年続ける一方、「BeatNuts」を率い2008年11月に1st アルバム「Power Zone」を発売し定期的にライブ活動中。数少ないロックのハートを持ったサックス奏者。

●ウスダ ミホ(Keyboard・Chorus)
4歳からピアノを始める。その頃流行っていた黒人音楽に面白さを感じ、中学時代から曲を作り、高校時代に弾き語りライブを始める。大学卒業後、大空はるみ氏と仕事をする中で歌を歌うように勧められ歌を始める。CM音楽制作、自己のリーダーユニットライブ活動、作曲、編曲などに携わる。Sky Perfect TV「Eco Music Colors」の楽曲提供など、その音楽活動は多岐に及ぶ。2012年10月に1st オリジナルアルバム・臼田美穂 | ウスダミホ「表象(representation)」をmiumusic recordsより発表。

●永原 ゲン(Drums)
20歳の時にアフリカ ケニア ナイロビに渡り、現地のパーカッショングループに加入。 帰国後、故・どんと(BoGumbos)と出会い、平安隆のレコーディングをきっかけにプロ活動に入る。SOUL FLOWER UNION、HARRY(exThe Street Sliders)、完熟トリオ(小坂忠、鈴木茂、中野督夫)、本田竹広&ThePURE、瀬木貴将ネイチャーワールド、To tell The truth(中川五郎、中野督夫、寺岡信芳、永原元)等と共演。 FUJI ROCKなど国内外の音楽フェスティバル、南米ボリビアツアー等出演。

コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。